【閉店】玄印(自由が丘スイーツStation)の大福

【閉店】玄印(自由が丘スイーツStation)の大福

今回は自由が丘駅の南口を出てスグにある『自由が丘スイーツStation』にて期間限定で出店している『玄印(げんじるし)』のご紹介です。

まず『自由が丘スイーツStation』についてですが、“スイーツの街の玄関口ともいえる自由が丘駅で、「自由が丘スイーツフォレスト」が厳選したスイーツショップが期間限定で続々と登場し、自由が丘にお越しになる方や近隣にお住まいの方にこだわりのスイーツをお届けします。(公式HPより引用)”ということです。

なので、今回ご紹介する『玄印』さんも期間限定出店であり、ブログ公開日(2020年1月11日)時点での情報となりますのでご了承ください。

千のわた雪

このお店の一番人気は「京わらび餅」ですが、今回は『千のわた雪』という名の和スイーツをご紹介します。

この『千のわた雪』はスタンダードな「塩豆もち」から、一風変わった「栗きんとん餅」まで、バリエーションに富んだラインナップとなっておりますが、その中から3種類ご紹介します。

黒糖黒豆もち

まずは人気の黒糖黒豆もちです。

外側のおもちには黒糖が使用されているようで、うっすら色がついてます。また、黒豆が入っているのも見えます。中は粒あんがぎっしり入ってます♪

食べてみると、粒あんの甘さは割と控えめで、そのぶん黒糖の風味をとても感じられます!さらに黒豆の食感がよいアクセントとなり、とても美味しいです♪

いちごもち

やはりピンクに行ってしまうんですね〜笑

外はまんま、いちご色です。切ってみると、いちごのおもちの中に、少し濃いピンクのいちご餡(つぶつぶ入り)が入っていて、さらに真ん中には白い餡が入っています。

食べた感想は、これは普通にあまーいですね。でもいちごの味が濃厚で美味しいです♪

ブルーベリーもち

最後はブルーベリーです。

これまた見事にブルーベリー色です。

味は、まあよくあるブルーベリー味と言いましょうか・・・これもいちご同様、割と甘めの餡に作られていますが、果実系なので甘さを控えるより果実本来の甘さで仕上げた方が美味しいのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

前述の通り、今回ご紹介した『玄印』さんは自由が丘駅では期間限定出店となりますので、その期間には買いに行けないよーって人は公式ホームページ(http://www.kodawarigensan.com)のオンラインショップでも購入可能です。

また、『自由が丘スイーツStation』での最新出店情報は、エトモ自由が丘の公式ホームページにてご確認ください。

【アクセス】
自由が丘駅の南口を出て左側スグにあります。

アプリで見る場合はコチラ→GoogleMapで見る

※掲載情報はブログ公開時点のものとなります。

自由が丘スイーツカテゴリの最新記事